--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-07-06

線路・風景の計画 Scenic routes plan

出展のお誘いを頂いた作家の方は、詞と写真を中心に展示されるとのことでした。
そこで私が思いついたのは、模型レールを活用する作品でした。
おそらく出展物が平面作品中心と思われたので、あえて立体的なものを置きたくなりました。
自分以外の出展者は全て女性と聞いていて、ある程度オシャレでかわいくて手に取れる作品が良いのではと考えたのです。

The writer who invited me was to be exhibited with a focus on words and pictures.
I came there was work to use the railroad model.
Perhaps because many exhibits seemed to display on wall, will dare to display a sculptural ones.
I heard all exhibitors are women without me, I think to make cute and stylish with good hands.

ちょうど家にはIKEAで買ったものの使っていない青いトレイがあって、350mm×500mmの大きさでした。
この上に小さな風景を作ってレールを載せようとの案で進めてみます。
場所は東京下北沢のギャラリーで、共通点を持つために東京にちなんだ街並を表現します。

模型レールの配置ですが、案としては円周に敷いてぐるぐる電車を回らせるか、
木のように枝分かれさせて地下鉄の地層を表現するとか、3つ程案が出ました。
最終的には、動くものがあれば視覚効果を添えるには相応しいと気づきました。

At home I just bought a blue tray with IKEA and not using, was the size of 350mm × 500mm.
Let's proceed with the rail plan and create a small landscape on this.
The location of gallery is in Shimokitazawa, Tokyo, which represents the city of Tokyo to have a common point.

The alignment of the rail model, a plan could cause a train in a circle round and round it,
To make stratum of train subway will be branched rails like tree branches, so I get few patterns.
Finally, I noticed add visual effects to work and if anything worthy.


tokyoringplan01

そこでこのように、スタイロフォームを使って地形を作りました。
上層には半径140mmのTOMIX製ミニカーブレール(C140)を円周で配置しました。
下層には複線線路が、谷とトンネルで斜めに横切る構造です。
JR山手線や都営大江戸線のような環状路線をイメージして、電車が一周するレイアウトです。
渋谷駅前のような鉄橋とビルが混在する風景や、谷間を走る中央線や小田急線のイメージも取り入れました。
当初は分岐線を考えて駅を置くつもりでしたが、後には分岐なしの周回だけになりました。
ここに風景を作っていくことになります。

Like this we created a landscape with the Styrofoam.
The upper is made ​​of TOMIX mini-curve rail (C140) radius of 140mm was placed in a circle.
The lower line is double track underlying structure across the valley and in the tunnel.
Image of a loop line, such as the JR Yamanote Line or Toei O-edo Line, go around the train layout.
Buildings and landscapes and a mix of bridge, such as Shibuya Station, incorporated the image of the Chuo line or Odakyu line running in the valley.
It was originally going to put a branch line station, I am now only circle without the branch later.
We will be making a scene here.


次回へつづく
Continued on next

from Wankongpop Hiromick

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011-07-01

テーブルで電車を走らせる Running a train on the table

自宅には鉄道模型(一般的にNゲージと呼ぶ)のレールがあります。
机に広げたレールの上に電車を走らせて、まるで子供感覚になるひとときです。

I have train models and rail(commonly referred to as N Scale) at home.
Running a train on rails round on the desk, which is the moment to feel like a child.

hankyu_table

これは阪急電車(6300系)の模型を、こたつの上で走らせてた写真です。
実車の150分の1に縮小した車両と線路で、ここに建物や山など景色を作っていくのが楽しみなんです。
風景を作った作品はジオラマともレイアウトとも言います。
一般的にはレール固定で走らせる前提なのがレイアウトと言うらしいですが、合ってます?

It is Hankyu railway's car(6300 series) models.
The model was reduced to 1/150 of the real train, but the fun is going to make scenery such as buildings and mountains here.
Also known as the layout work also made a diorama scene.

最近ではミニカーブレールを使って、狭い空間でもインテリア感覚で線路を置いている人増えてますよね。
私の場合も家に友達が来た時、レールや模型を置いていると何これ?かわいい~と興味持たれたりします。

日本では市販の模型車両の種類もいっぱいあって、とことん集める人は知人にも居ます。
私はコレクターやマニアの部類ではないのですが、実家近所の地下鉄車両が発売された時は即買していましたね。
どちらかと言えば、箱庭感覚でまわりの街並みを手元に再現するのが好きなんです。
建物や自動車、木や緑のミニチュアを集めて、一つずつ置いていって自分の世界を部屋の片隅に作るんです。

Recently, using a Tomix mini-curve rails, people makes the rail scenery in the small space interior.
When my friends came in my house, and what it has placed small models and rail? - they interested as a cute.

In Japan there is also full of the type of commercial train and vehicle models, are also people I know who collect thoroughly.
I am not collector but when it was released the subway car run neighborhood line, I bought it soon.
I like to reproduce in the sense to hand the city around the walled garden.
Collecting miniature Buildings, vehicles and green trees, a corner of the room I make my world go at each one.

pastlayout.jpg

そして制作をはじめたのですが、当初は市販の建物製品を集めて置いていこうと考えていました。
ネットや書籍で資料も集めていましたが、150分の1ルールにこだわると机の上には大きな建物が置けないんです。
表現したい景色が、手元に置く線路や縮尺に収まりきらないんですよね。
作業が進まないと途中で飽きたりして、結局3年位は何も仕上げず放置していました。

I started making and wanted to go collect the products at buildings.
I have also searched material and books online, on the table and stick to 1/150 rule is not unworthy of your great building.
But the view I wanted is not scaled to fit and keep it handy.
I got bored on the way of progress and the work of three years was eventually nothing left.


昨年(2010年)夏、東京に住む作家の方が個展をされるお話があり、
同時にお友達を集めての展示が欲しいと、自分宛にも出展協力のお誘いを受けたんです。
ありがたいお話でしたね。当時私は展示活動など特に行ってなかったんですけど、
お話に答えるべく、私も「参加します!ぜひ」と返事をしました。

個展に何か花を添えるような手作りの作品がいいなと考え、2ヶ月前から準備をはじめました。
そこでふと思いついたのは、あの制作を休んでいたレールを活用する案でした。

Last year (2010) summer, I heard a writer who lives in Tokyo that she held the exhibition.
She want an exhibition of friends gathered at the same time, I received an invitation to co-exhibitors.
I was grateful to invited. But I was particularly activities such as exhibition go,
I reply "I want to join!".

I think a handmade work of something like flowers lend a exhibition, two months before I started preparing.
Then suddenly came up, I was proposed to take advantage of the production that was resting rail.


次回へつづく
Continued on next

from Wankongpop Hiromick

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Hiromick

Author:Hiromick
大阪郊外でアート作品と音楽制作を手掛けています。
暮らしの中に小さな癒しを、気の向くまま書き足していきます。
I'm composing and doing visual work production from Osaka.
Twitter: @HiromickSiima
Facebook: Hiromick Siima

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Google
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
amazon
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。